DEATH.

サイトイメージ

シンプル

複雑

モノトーン

カラフル

柔和

堅実

DEATH.
DEATH.

ちょうどいいポイント

緊張感と柔らかさ

死をテーマにしたメディア。少し身構えてしまいそうな内容ですが、不思議と柔らかい印象を受けます。

写真を大きく使ったレイアウトで、スクロールすることで一つずつ記事タイトルが表示されます。画面上に一度に複数の記事が表示されるのではなく見る人のスクロール速度に合わせてコンテンツが表示されることで、落ち着いて一つ一つの記事に目を通すことができます。

使われている画像のコントラストが強すぎず穏やかな雰囲気であること、またフォントにゴシック体を使うことで、誠実なイメージを維持しながら接しやすさも感じさせる、ニュートラルなデザインだと感じました。

またトップの「死を想い、これからの生を問う」という言葉ですが、ひらがなには角ゴシック、漢字には丸ゴシックを使っています。モノクロ×シンプルなデザインは無機質な印象になることも多いですが、このフォント選びによって柔らかさや有機的なイメージを感じさせます。

文章優先

インタビュー記事のページには本文の他にロゴマークとABOUTリンクが表示されます。中央に配置された本文を避けるように配置されており、ページ上下いっぱいまで文章が配置されています。必要最低限の要素で構成されたページで、集中して記事を読むことができそうです。

near

高級感のあるシックなデザイン